屋根塗装工事

屋根の塗装で大切な家を風雨から守ろう

家屋を守る屋根のメンテナンスは重要

太陽光であったり風雨だけに限らず、そこで日々の生活を送っている人々を、種々のものから守ってくれる住居。その耐久年数を引き延ばす意味でも、外壁や屋根のメンテナンスは大切です。

屋根塗装は、単純に外観を綺麗に見せるという美的な要素に加えて、住宅そのものを外敵からブロックするという意味で、非常に重要です。例えば、現在多くの家屋で使われているスレート屋根にひび割れが起っていたり、スレート材どうしの隙間ができていたりすると雨漏りの原因になります。

また、塗料の劣化により遮熱効果が低くなった屋根は、太陽光などの熱を遮ることができないので、夏の家の温度は上昇しがちです。屋根塗装を行なうと、とくに最近は遮熱効果の高い塗料が普及していることもあり、冷暖房費を節減できるといったメリットもあります。

屋根を塗り替えるメリット

屋根の外観を美しくする

屋根の耐久性を高め、雨漏りなどを防ぐ

遮熱効果を高め、冷暖房費を節減する

屋根を塗り替える時期を知ろう

では、屋根を塗り替えるのは、どのようなタイミングで行えばよいのでしょうか?

現在、家の屋根材として多く使われているのがスレート屋根(コロニアル屋根)と呼ばれるものです。少し古い家屋ではトタン材を用いた屋根もあります。また、日本瓦を使っている屋根もあります。

日本瓦の屋根は基本的に塗り替えの必要はありません。メンテナンスの場合、塗料を塗るのではなく、瓦そのものを交換する必要があるからです。

スレート屋根の場合は色が剥げてきたとき、トタン屋根の場合はサビが出てきたときが、屋根塗装すべき時が来たと考えるべきです。もう少し屋根の劣化が進むと、スレート材どうしの隙間が広がったりするなどして、家屋全体にダメージが及んでしまうこともあります。

屋根塗装が必要なスレート屋根

屋根塗装を考えた方がよいスレート屋根

屋根塗装を考えた方がよいトタン屋根

屋根塗装を考えた方がよいトタン屋根

屋根塗装と外壁塗装を一緒に行う方が効率的

屋根塗装は、そこそこまとまった費用が必要です。したがって経費削減できる方法があるなら、何とか取り入れて、少々でも支払い額を抑えたいと考えるのは当然でしょう。

しかし、外壁塗装もいずれ行うということを考えると、まとまて行った方が効率的です。もちろん、屋根だけ劣化がひどいので、まずは屋根を塗装して、数年後に外壁を考えるということも可能ですが、足場の費用などを考えると、まとめてしまった方が結果的に安くなります。

塗装会社を選ぶためには、塗装費用の相場を知るためにも、複数の会社から見積もりを取りましょう。業者が提出してくる見積書は専門的な言葉で書くのが普通で、掲載の順番や施工内容も、業者により違ってきます。

屋根塗装や外壁塗装というものは、何回も行なうものではありませんから、塗装会社選びにはどうしても慎重になるのではないでしょうか? 想像通りの仕上がりを実現したいと言うのなら、工事業者と十分に話し合うことが大事になります。

インターネットなどで、塗装業者のホームページにアクセスして、それぞれの会社から見積もりを取ることも可能ですが、塗装業者が数多く登録している、紹介サービスのWebサイトを活用する方が効率的です。

ヌリカエ
屋根コネクト

ぜひ、複数の会社から見積もりを取って、詳しい話を聞いてみてください。